So-net無料ブログ作成

今日の一枚の絵 第67回

一昔前『愛の嵐』っちゅうリリアーナ・カヴァーニ監督の官能的で実に素晴らしい映画がありましたが…。

本日は、描かれてから既に500年の歳月が過ぎたのに、未だに謎が解明出来ない不思議で官能的な絵画Giorgione(1477-1510)作品『嵐(La Tempesta)』です。

resize0574.jpg

Giorgione「La Tempesta」1508年頃 82×73 cm Gallerie dell'Accademia, Venice.

如何ですか? この絵画のモチーフっていったい何だと思われますか?

シンボリックなアトリビュートがあちらこちらに散りばめられているのですが、何を意図して描かれたのかさっぱり検討がつきません。まるで一種の夢の中の世界のようです♪

この絵に対する解釈について、これまでに色々な解説や書評に目を通してきましたが、満足できる回答はどれ一つとしてありませんでした。貴方も謎を解いてみたら?

「最初から主題なんてないよ」っていう実に投げやりで無責任な見解もありましたが…。

20世紀以降の絵画ならともかく、この時代に意味も無く「絵」なんて描くわけがありません。

33歳の若さで夭折したジョルジョーネに関する資料は現在では殆ど残っていません。オリジナルと判定できる絵画ですら、この絵を含めて僅か6点。(あのフェルメールですら30数点現存してるってのに…)

たった6点で美術絵画史上に歴然と名を残すって…。ある意味スゴい超天才画家やったのかも知れません。

giorgione-1-sized.jpg

↑意外とイケメンです。天は二物を与えるものですね。

「知らない事は存在しないよ」と言わんばかりの敏腕キュレータや学芸員の皆さん。この絵の正確な解釈について是非教えていただきたいモノです。

「見えることとそれができることは… 別モノだよ」なんて言うんでしょうか?
 ┐(-。ー;)┌ オー・マイ・ゴッド
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。